PtFSツーリングシステム

製品概要

急速加熱/急速冷却(ヒート&クール)システムの実用性は
航空・自動車・情報機器などのあらゆる分野で認められ、
次世代の複合材生産技術の発展に貢献します。

システム概要

金型は一体型セル構造、エアーを熱媒体としてそれぞれのセルを個別に温調することで、
最大昇温レート毎分200℃、金型表面の温度精度±0.5℃を実現します。
最高成形温度は850℃、汎用タイプのプレス機・射出成型機との組み合わせで使用し、
過去に実例のない高品質な複合材・プラスチック製品の量産が可能です。

1.昇温

ヒーターを通じエアーがセルに流れ込み、
金型を急速に加熱します。

2.温調①

設定温度域に近づくにつれ、形状・成形厚
などで生じる温度ムラを解消するよう、セルごと
“アクティブ”に温調します。

3.温調②

金型表面の温度精度は+-0.5°Cまで高められます。

4.降温

冷却時には、エアーの流量を高めて、急速冷却を
実現します。


PtFSの使い方

PtFSは、以下の成形技術を組み合わせて使います。
 
 


射出成型

既存の射出成型機に
組み込むことが可能。
金型温度の均一性により、
品質UPと射出圧力の低減を実現。

RTM

金型表面温度を的確に
コントロールすることで、
樹脂フローは自由自在。
含浸不良を防ぐ。

インフュージョン

成形品の厚み・形状に応じて
加熱具合を調整。
オーブンとの組み合わせで、
大型複雑形状品の成形も可能。

プレス成形


スタンダードな使用法。
汎用プレス機への取り付けが容易なため、
手軽にヒート&クール成形ができる。

オートクレーブ


加熱ムラが発生する部分をピンポイントで加熱。
炉内温度とも同調して、
正確なヒートサイクルで成形。

 
 

PtFSのシステム構成

PtFSシステムでご提供するものは、
大きく分けて、金型、コントローラ、ソフトウェアの3つであり、
シンプルなシステム構成でヒート&クールを実現します。

PtFSの実績

エアロスペース

複合材部品の適用が一段と拡大している
エアロスペース分野では、従来技術では
実現できなかった新たな機能を持つ複合材部品
の量産に、大きく貢献しています。

自動車

高品質・ハイサイクルのヒート&クールシステムを
提供するPtFSシステムは、自動車分野における
複合材部品の量産化実現に、大きく貢献しています。

情報機器

高機能化が一層進む情報機器分野では、価格と
性能を両立した複合材筐体部品の量産に、大きく
貢献しています。

スポーツ

スポーツ・産業分野に対しては、PtFSシステムの
量産技術を使って、複合材製品をより身近にする
ことに、貢献しています。



詳細資料

下記よりダウンロードできます

カタログ
Surface Generation