あすみ技研・硬化炉

製品概要

水素エネルギー社会の確立を目指し、その利活用に不可欠な
炭素繊維複合材(CFRP)の熱硬化処理装置を、研究開発から量産まで、
さまざまなステージに応じたシステムをご提案致します。

用途別一覧

※実績データであって保証するものでは御座いません。

バッチ式真空減圧熱硬化炉
(脱オートクレーブ用)

・熱風循環式 温度:300°C ±3°C
・大型ワークW方向7m実績
・ワークパッケージング
 真空減圧下にて処理
・昇温時オーバージュート5°C以内
・炉内間仕切り可能

 

バッチ式小型
圧力容器用硬化炉

・熱風循環式 温度:200°C
 (MAX500°C) ±3°C
・容器自転機能
・両端保持により硬化時のムラ、
 安全性も確保
・150°C時容器表面温度±2°C
 (6ポイント)
 

バッチ式台車投入
大型圧力容器用硬化炉

・熱風循環式 温度:200°C
 (MAX300°C) ±3°C
・容器自転機能
・両端保持により硬化時のムラ、
 安全性も確保
・台車投入タイプ
・容器長さ6m対応可能
 

量産/連続ライン用 硬化炉

・熱風循環式 温度:200°C
 (MAX300°C) ±3°C
・ワーク自転機能
・両端保持により硬化時のムラ、
 安全性も確保
・処理サイズ、量に応じての
 カスタム対応
 

硬化炉の特徴

CFRP容器硬化処理時に、お客様毎に応じて必要なアイテムを紹介致します。

長尺用W扉自動シャッター

硬化炉設置スペースが限定される場合には、
W方向から容器を投入し扉は自動シャッターです。

スクロールチャック

円筒形状のため、硬化時の温度ムラを
抑制する目的で、容器を自転させるため

ワーク回転機構

長尺、重量容器がセットしやすい様に
投入台車へ自転機能を付加する機構として
(駆動部は炉外)


温度プロファイルデータ

・炉内内容積:28m³
・25°C→180°C昇温:20min
・その際に、測定8ポイントが5°C以上のオーバーシュート無しのご要望で製作(脱オートクレーブ)