INGERSOLL

製品概要

米国Ingersoll/インガソル社がご提供する大型ファイバープレースメント装置は、
最大32本のプリプレグトウを高速で自動積層(AFP:Automated Fiber Placement)する
最新の量産型複合材成形装置です。航空機を中心として大型構造体の量産現場に多く採用されており、
フラットパネルはもちろん、曲面パネルや複雑3次元形状品の製作にも対応可能です。

インガソルの特徴

最高水準の積層品質

・積層スピード:最大60m/分(Cut/Add積層時も
 同スピード)
・180°反転機能により、両方向積層が可能
・IR式ヒーターによる安定した加熱
・形状に合わせた各種コンパクションローラーを用意

最大サイズの積層機

水平型(ホリゾンタルタイプ)は、大型構造物の
積層工程に適しており、航空機胴体(Fuselage)
の現場に多く採用されております。
門型(ガントリータイプ)は、幅広い形状・サイズ
に適しており、形状が複雑なものやサンドイッチ
パネル製作用などの高度な積層技術を要する場面
に数多く採用されております。

最先端の積層技術

立体・複雑形状物への自動積層は、インガソル独自
の技術・デザインに、製造現場での実経験が加わり、
高度で洗練された積層システムを提供できるレベル
に達しました。お客様固有のご要望にお応えします。


実績の紹介

航空機では圧倒的なシェアを誇ります。日々高まるご要望に対し、
様々なソリューションをご提案、適用事例の種類は年々広がりを見せております。

最新技術の紹介

積層の幅が広がりました

各種ハニカム材・フォーム材へのAFP積層が可能。
立ち上がり部(Ramp部分)も最大角度60°まで
積層ができます。民間航空機のサンドイッチパネル
部品製作用に、数多く実績があります。

自動でヘッドを交換します

材料交換等によるアウトタイムを大幅に削減する
ため、「自動ヘッド交換システム」を提案して
おります。最短2分で交換が可能、異なるサイズと
材料の複合的AFP積層もスムーズに実施すること
ができ、次世代の量産システムを実現します。

より生産的にするために

近年、コンポジット部品の量産現場では、効率化
と高量産化への要望がますます高くなってきて
おります。その様な状況の中でインガソルは、
AFP積層の前後工程で自動検査を実施すること
により、生産スピードと品質の向上に寄与します。


参考動画

パネル形状 AFP試作
ガントリー型/複雑形状(実機部品)

詳細資料

下記よりダウンロードできます

カタログ
Gantry
Horizontal
iCPS